低カロリー食で満腹感が得られるかどうか

13-08

「マイクロダイエット」がその中でも代表的なものです。運動によるダイエットよりもこのような食習慣の結果、肥満になってしまった場合は、食生活を改善することの方が先決で、効果も不廉と言われています。

ここで問題になるのが、満腹感が低カロリー食で得られるか如何かという点です。しかし、食事制限や食べ応えのないものばかり食べるダイエットは本来食べることが好きな人にとって、苦痛を伴います。

苦痛を伴うことは人間の性質として長続きしにくいものです。リゾットやまぜご飯などのメニューもドリンクタイプでは物足りないという人向けにあり、食事ダイエットが無理なく続けられるようになっています。

マイクロダイエットとは、日々の食事の代わりにカロリーコントロールされた専用の食べ物だけを食べる(飲む)というものです。圧倒的に通常の食事で摂取するカロリーと比較すると最低数値で、摂取カロリーが日々の食事として食べているだけで抑えられ、脂肪が次第に減少していくという仕組みです。

ドリンクタイプとフードタイプがマイクロダイエットにはあり、カロリーコントロールがそれぞれ170キロカロリーから230キロカロリーにされています。この点にマイクロダイエットは配慮されており、満腹感が低カロリー食であっても得られるように工夫されています。

ダイエットを長続きしなければ成功させられないため、こういった人のためのダイエット食品が開発されています。食べることが好きで、ついつい日々の食事で食べ過ぎてしまうことや、カロリーの高峻食べ物を選んでしまいがちな人は多くいます。